2010/10/18 アス誕、やるっ!(仮タイトル・キラは甘いものでできている1)

つーことで、宣言して、ちまちま書いていこうかと思います。
でないと、全然、進みません┐('~`;)┌
(※ルル三回忌Re;シリーズは、週末更新予定です)

なんか前にも、同じ題材、使ってそうで恐いのだけど(汗)
・・・ゆまの好きなマザーグースの一節。
(んでも、忘れていて、検索しまくったというw マザーグースの本、どこ行っちゃったんだろ・・・英文、知っている方いらしたら、ご連絡下さい。。)


以下より、アス誕SS発進します!
(あ。今回は、幼年期バージョンで。さすがに、このネタで種やら、運命やら、戦後では厳しい・・・?よね?? キラなら構わないか、と思いつつ(爆))


(・・・もしかして、反逆サイト、落ちてました?(滝汗)
 お金は3年間、払い済みなのだけど、つぶれちゃったとこのサーバー使用しているので・・・。
 一応、3年間は大丈夫にしてくれる筈なのですけど;; 重かったり、不都合があったりと、ごめんなさい;;)



薔薇は赤い。
菫は青い。
お砂糖は甘い。

・・・それから、きみも。






「あーん」
「・・・・・・」

アスランは困惑したように瞳を瞬かせた。
キラの意図が分からない。
いつも分かり難いが、いつものまして分からない。
いきなり部屋に入り込んできて、ごそごそと何やらやらかしているかと思えば、いきなりこれだ。

・・・いや、本当は分かっている。

キラが持ってきたのはケーキの箱で。
その中味もまたケーキだ。
苺のショートケーキ。
キラの好きな甘くて美味しいケーキ。

んでも、それをぐちゃ、と手掴みでお皿の上に一つ取り出したと思ったら。
やっぱりぐちゃぐちゃと、フォークで切り刻み、一切れ刺したと思ったら、怒ったように、アスランへと突き出してきている。

(なんで泣きそうな顔で、怒りながら、僕にくれようとしているんだろう?)

キラの大好きな苺のショートケーキ。
だけど、アスランは、キラほどにはケーキは好きではない。
好きか嫌いかと言われれば、好きな方だとは思う。
だけど、キラほどに好きかと問われれば、そんなに好きじゃないと思う。
要は比べる対象の問題だ。
[PR]
by ak_yuma | 2010-10-18 20:53 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧