2010/10/19 (仮)キラは甘いものでできている2(幼年期)

・・・いつも思うのだけど。
なんで書いていると、アスランが苦労する話になるのだろう?(汗)
当初の予定は、甘くて甘くて、甘すぎるものを目指していたのだけど(苦笑)
いや、最近の当社比では、かなり甘いとは思います。。(スザルルでは出来ない甘さ?)


今週より定時で帰宅しています!
毎日、仕事に追われつつ、なんとか。
明日は健康診断と、売掛の20日締め請求が重なっているのですが。。
(ちなみに今日は、買掛けの支払い処理締めと、前月売掛の集金確認締め。
毎日、何らかの締めがある気がするww)
それでもなんとか帰ってこようかと!!
(そうして、どんどん、ファイリングのみの伝票が溜まっていくのですがw ←結構な、お山になりつつある。。)

締めが多すぎて、あわあわ。
今までは、マイナス清算の10・20・25・末だけだったから、慣れるまでが大変ですσ(^◇^;)




「いいよ、キラ。一人で食べなよ?」

たぶん、キラは、一人で食べちゃ悪いと思ったのだろう。
大好きなケーキだけど、キラはアスランのことも好きでいてくれている。
キラの心は、優しくて甘くて。
キラの大好きなケーキのように、真っ白く、甘いもので、できている。
だけど、ほんのちょっと、アスランにあげるのが惜しくなったのだろう。
だから、泣きそうな顔をして。
それでも、キラは、ふわふわの生クリームのように、甘くて、白いから。
よく天使と悪魔が囁くというけれど。
キラの中には、真っ白い天使と甘い天使しかいないから。

「あーんっ」

僕はいいから、とアスランが手を横に振ると。
それでも頑強に、キラがすずい、とフォークを差し出してくる。
なんだか、先ほどよりも、顔が恐くなってしまっているようだ。
[PR]
by ak_yuma | 2010-10-19 21:00 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧