2010/11/08 ルル三回忌の・・・。

何話めだ?(ハテナ)
とりあえず、続きを以下に。
(あんまり更新できてないから(汗))

タイトルも未定だけど(^-^;
(いつもあとから思うのだけど、タイトル一つにして、何話目とかにすればいいんだよね・・。タイトルつけるの苦手なんだし; なんで、その時は忘れてしまうのだろう・・・)



ちょっとだけ、仕事に慣れ始めましたv
定時で帰宅できてます◎




>>ルル三回忌の・・・何話目か。

「ん・・っ。あ・・っ、そこ・・・そこ・・・っ」


切なげな溜め息が、そっと響き渡る。
それはどこか甘さを秘めていて、聞く者の心を痺れさせる。
・・・だけど、本当に痺れさせているのは、ルルーシュの手だったりする。

「かいちょ~っ、もう、いいでしょう?」

こういう体力勝負は、スザクの方が得意なのに。
と、そうルルーシュがぼやいたかどうかは知らないが、既に体力は限界にきているようだった。

「情けないわねっ。たかが肩叩き程度で」

たかが、といいつつ、既に30分以上は、全力でやらせていたりする。
体力のないルルーシュにとっては、まさに全力疾走をやらせているようなものだろう。
息は弾み、頬は紅潮し、額からも汗を垂らしている。
いい男が台無しだ。

「・・・で? 俺は何をすればいいの?」

対して、スザクは、涼しげな顔で、ミレイの半径一メートルより外にいる。
いや、正確に言えば、ルルーシュの半径一メートル外だ。

「何も」

うふ、と含んだようにミレイは応えた。
[PR]
by ak_yuma | 2010-11-08 21:05 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧