2011/02/12 春うらら2-2

昨日の日記に同意いただけた方。
同意まではできないけど、共感してくれた方。
納得はできないけど、理解してくれた方。
その他いろいろなメッセージありがとうございました!

あの決断までも許せる方は、至上でいいかと思いますよ。
わたしは許せないというだけで、決断を含めてそれがルルーシュだとは思いますし、
認めて許せるのならば、いいのではないかと(*^^*)

えー。
で、結局、誰が一番好きなのか?とか
作品の順番は? とか、ちょっと難しい質問もあったのですが(笑)

作品のクオリティ度と、好き率とか、萌え度とか、話の書きたい率とか。
いろいろと基準が違うのですよー。

クオリティ度は、反逆(無印・R2含む) 蒼穹番外・左右が、ストーリーが一貫していて好きですねー。
ストーリーの好き率は、種&運命 蒼穹映画・天地が、断然ですね。ハッピーエンドでメインが死なない(笑) 天地に至っては、TVでは余韻を残しつつも帰還しなかった総士が帰還しているので、ポイントが高いです。
萌え度は、幼馴染敵対関係に萌えるので(笑)
書きたい率は、今は反逆かな? 種は継続的に書きたい話。蒼穹は、突発的に書きたくなるという感じでしょうか。

キャラは。。難しいですね。
好き率と弄り度やらが微妙で(笑)
これは考えておきます。

んで。
以下は以前の日記の続き。
種・春うらら2(後編)
見てもOKな方は、クリックしてどうぞ~。



>>春うらら2(後編)

「あらあら」
「ちゃっかりとノロけるな!」

薄桃色の花びらは、ラクスの髪にも、纏う色にも似ている。
優しくて、ほんわりとあたたかい気持ちにしてくれる。
にっこりと、キラがのたまうと、ラクスは嬉しそうに頬に手を当て。カガリは憮然と喚いた。
そんな反応を見て、もし、この場にいないもう一人がいたら、どんな反応をするだろう?と想像してみる。
案外、あっさりとキラに同意して、同じようにラクスのことを褒めるかも知れない。
それとも、フォローするように、カガリを褒めるだろうか。
どちらにしても、それはそれで面白くないかも知れない。

「アスラン、まだなの? せっかく遊びに来たのに」
「そうですわ。わざわざ降りてきてあげたのですのよ?」
「・・・だから、わたしは、忙しいんだって」

げんなり、とカガリが呟く。
いささか力がこもっていないような気がするのは、少し前にも、アスランの不在を暗に責められたせいだろう。
目下、アスランは、忙しいカガリのせいで、どこだかを走り回っているらしいのだ。
カガリは自業自得だし、アスランもまあ、補佐しきれなかったのだから、自業自得だろう。
・・・だけど、それではキラとラクスが面白くないのだ。

「せっかくの休暇ですのにねぇ」

優しげな唇を少し尖らせて、ラクスが拗ねる。
アスラン「で」遊びたかったのは、キラも同じだから気持ちはよく分かる。
くれぐれもアスラン「と」では、ない。

瞳を合わせれば、
ふふふ、とラクスが悪戯っぽく笑う。
きっとキラも同じような笑みを浮かべていることだろう。

「しょうがないですわね」
「しょうがないねー」

ラクスと二人、よいしょっと立ち上がる。
山と積まれている書類も、二人が手伝ってあげれば少しは早く片付くかもしれない。
せっかくの春なのだ。
みんなで楽しめなくちゃつまらない。
・・・アスランをからかって遊ぶためにも。


春うらら。
薄桃色に空気が緩んでいる。
笑顔も、そこかしこに広がっている。
[PR]
by ak_yuma | 2011-02-12 22:03 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧