2011/02/23 春うらら。3-2 (蒼穹ver.)

漢字の変換を忘れているなー・・。
というのを、続き書いていて気づきました(笑)
んでも、またもや変換しなかったり(^_^;)
サイトupの時に、もろもろ修正しますー。




「春だな」
「・・・それ、俺が今、言った」

だけど、もしかしなくてもそれは考えすぎだろうか。
つい、胡乱な瞳で言い返してしまったが、かずきは嬉しくもなっていた。

(そうしも同じなのだろうか?)

なんとか会話を続けたくて。
だけど、何を話したら分からなくて。
----もどかしくて。

「かずき。なに、笑っているんだ?」

そう考えたら、なんだか無性に可笑しくなっていた。
腹を抱えて笑い声を立てていた。

「別に」

別に、って状況ではないが、そう応えていた。
笑ったままのかずきにそうしが憮然とした表情を見せる。

(だって、そうしも会話を探していたのだとしたら。)

すごいおかしい。
あの、そうしがかずきに気を使っているのだ。
そう考えると、現金なもので、この沈黙が、急に愛しくなった。

そうしと二人。
なにするでもなく。



-----------このまま、手をつないで。




春うらら。
ぽっかりとぬくもりが優しい。
[PR]
by ak_yuma | 2011-02-23 20:38 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧