2011/07/11 アスキラ・聖夜7-3

スザクさん、遅ればせながらお誕生日おめでとうでしたv
あっさりと通り過ぎてしまいました( ;^^)ヘ..

いろいろとやりたいことがあって、いっぱいいっぱい。
暑いし、寒いし(←;)、お疲れモードです。
とりあえず、おナスがでたのが喜ばしいvv
ただ、前の会社よりは良かったのだけど、思っていたよりは少なかったので、「え?」と頭がまっしろに(^^;)
よくばりすぎだとか、そういうことは言わないよーに(笑)
だって、それだけ頑張ったんだもん。
問い合わせしたら、今回はまだ一年未満だから、ってことでした。(ほっ)
やっぱりねぇ、おナスっていったらねー?
(しかし、一年未満でも、世の中、これだけ出るのだから、やはりもっと早く転職すればよかったナ)

ではっ。
以下、アスキラ「聖夜」の続き格納。
今度こそは、終わりまで、がんばるぞー。(真夏に、冬のクリスマス話ってのも間抜けだけどね;;)



>>聖夜7-3


「ううん、ほんとになんでもない。ちょっとアスランに拗ねただけ」
「アスランに?」
「うん。アスランが過保護だから」

これ以上、ラクスに心配を掛けないように、嘘と真実をちょっとずつ混ぜ合わせる。
ここに来るのに、アスランがくどいほど、打ち合わせをしたのはラクスも知っている。
それにキラが、もう分かってるのにと、拗ねていたのも本当だ。
どちらにせよ、キラがこんなに拗ねるのも、もやもやするのもアスランだけなのだ。
アスランだけが、キラをこんな気持ちにさせる。
それ以外のものには、キラは甘ったれだけれども、分をわきまえた英雄なのだ。
・・・もちろん、それは主観的なもので、それに異を唱えるものもいるだろうけども。

「・・・淋しいよね。僕だって、もう大人なのに」
「あら」

ちょっと唇を尖らせてしまったのは、本音だ。
ラクスにも分かったのだろう。
具体的な『何か』は、思いつかなくても、キラの言いたい事が。

「本当の事を言って欲しかったのですか?」

首を傾げ、真摯に尋ねてくる。
[PR]
by ak_yuma | 2011-07-11 21:00 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧