2011/10/31 蒼穹あまつち3-2

蒼穹あまつち を以下に投下しました。

ひさびさ蒼穹v
見てねvv




>>蒼穹あまつち3-2

「か、かずき? 大丈夫か? 大丈夫だよな? 俺とおまえの仲だよな? 今更なこと言わないよな?」
「・・・え。・・・あ、うん・・・」

ずしん、と重くなった一騎に感じるものがあったのだろう。
慌てた様子で、総士が言い募ってくる。
あんなにも自然にクロッシングできていた時とは違い、今は、ちゃんと言葉にしなければ伝わらないのは、何とももどかしい。
そうじゃない。そうじゃないが・・・根本的な事で、悩んでいるのは・・・-------そういうことなのだろうか。

一騎も総士も男で。
それは変わることのない事実で。

------------それでも、やはり一緒にいたいの望むのは、不自然なことなのだろうか。

側にいたい。
近づきたい。
・・・触れたい。

ふ、と思いついた言葉に、頬が熱くなる。
考えて、考えて。
結局、そこにいきつくのならば、きっと一騎は、後悔しないのだろう。
たぶん、総士と同じ気持ちなのだろう。
そんなことは、分かってはいたのに、ただ・・・自分のプライドの為に、認めたくなかっただけで。

男とか、女とか。

生物学的には、大問題なのかも知れないけれど。
人としては、大した問題ではないのかも知れない。
[PR]
by ak_yuma | 2011-10-31 21:32 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧