2011/12/21 反逆 Re; ing ! Ring !! 2-1 を投下しました。

うーむ。
余裕を持ってやり始めた気がするのに・・・。
間もなく、クリスマスじゃないですか?(汗)
・・・なので、ちょいまきまき。
ナナ視点に変更になってますー。
以下、クリックして見てね!

*

携帯を会社に忘れたようで、凹み中~・・




>>Re; ing ! Ring !! 2-1


「お兄さま! 素敵ですね!!」

くるり、と両手を広げて、車椅子さばきの巧みな技術で、ナナリーが回る。
その動作に合わせて、ワンピースの裾がふわりと広がり、止まれば、一瞬の遅れで、軌跡を描くように、はらりと落ちる。
嬉しくてたまらないと言うように、頬を上気させ、ナナリーは満面の笑みを浮かべた。

「いや・・あの・・・ごめん・・・」

対して、ルルーシュは、しょんぼりとうな垂れ気味だ。
猫耳でも生えていたら、いうもは小生意気にピンと立っているだろうに、今は親に捨てられた子猫のように、ぶるぶると震えていることだろう。

「どうしてですか? 嬉しいですよ?」
「その・・・」
「『嬉しい』ですよ?」

まるで、わたしが法律です、とでも言うように、ナナリーは、腰に手を当て、同じように車椅子に座るルルーシュに目線を合わせた。
幸せであることに、例え兄でも、有無など言わせない、ぞと。
ナナリーにとっては、今、兄が生きていること自体を神に感謝しても足りないくらいに、幸せなことだ。
ほんのちょっとの差で、すれ違ったまま、二度と、対話のできない世界に兄は旅立ってしまったかも知れないのだ。
そんなことになれば、どんなことよりも、ナナリーには悲しい。
幸せである、ということは、ナナリーにとっては、こうして、ルルーシュが生きていることと同義なのだ。

「『ホワイトクリスマス』ですね!」
[PR]
by ak_yuma | 2011-12-21 20:15 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧