2012/01/16 双愛おまけ25(運命アスキラ)

順番がちょいと反転していると思われるかもしれないですけど、
(わたし自身がつじつま合わせに必死w)
ヤヌアリウスが落とされることは想定してはいなかったけど、
互いに撃ち合う愚かさを再確認&デスティニープランとは何かを認識させる為の打ち合わせを事前にしていたという設定で(笑)
↑ こんな説明を入れている時点でダメダメだよね(^_^;)


次はハイタッチして。(←これははずしたくないのよん)
このあと、なにするんだっけ?
ラクスとお買いものだっけ? あれ? その前に何かあったっけ??
ラクスとキラの我儘に負け、ふらふらとメイリン連れて苦労性のアスランがお買いものの荷物持ち決定な印象が強い。
あと、キラはきっと無免許だ・・・(笑)

うーんうーんうーん。。
とりあえず、明日は種!
種見て、また運命を思い出そう♪



>>双愛おまけ25(運命アスキラ)

「・・・それを、やりたいわけだな?」

確認の意味で、それだけを問う。
こっくりと、真剣な面持ちで頷く二人には、これからの未来でも見えているのだろうか。
デュランダルが成そうとしている世界。
そこには、戦いなどないと。
だが、その為に、捨てるものが多くあると。

「だが、俺を引き合いに出すな」
「どうしてですか? これが一番、分かりやすいと思うのですけど」

真剣とは思えない言動を、真剣に言ってしまえるのは、ある意味すごい才能だ。

「遺伝子が全てを決めるわけではないと。遺伝子の王と言うならば、キラが一番です。でも、そのキラにも敵わない人がいるということは諦めることに繋がらないと」
「いや、だがな」
「そもそも、アスランは諦めたいのですか? 貴方の定めは戦士であると。それ以外のなにものでもないと」
「俺は・・・そんなに諦めがよくない」
「-----だよね」

くすり、と意味深にキラがラクスと目を合わせ笑う。
言わされた感は強いが、ここまでくれば、もう、アスランには、反論する術がない。
誰もが、泣く子とキラとラクスには敵わないのだ。
ならば、せめてシナリオをもう少し、どうにかするしかないだろう。
キラとの引き合いに出されたら最後、ただでさえ邪魔もの扱いにされているのに、抹殺されかねない。・・・特に、双子の弟を猫っかわいがりしているカガリに。そして、もしかしたら、引き合いに出そうとしている張本人のラクスにも。
[PR]
by ak_yuma | 2012-01-16 21:57 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧