2012/01/22 双愛おまけ28(運命アスキラ)

この補完、まるっと運命45話を抜かしてしもうた・・・。

二人のラクス→ハイタッチで宇宙に行くことを決めた後。
ルナたちが、ジブリールを撃ち。
アスキラ夜シーンがあったのにっ><
アスカガお別れシーンは置いとくとしても、あいびきシーンは入れたかったかも。
(↑ 何言っているか分からない方、すみません;;)


まぁ、当初の目的は、既に完結しているから、(←キラを苛めたアスを泣かすという主旨で始めたのだったと思う)おまけだから、書きたいとこだけ書こう。
結局、アス苛めに走っている気もするけど。
キラ至上なのに、ここのとこキラが出てきてないのが、「?」だけどね(笑)

リマスター版のCD。ED曲だけじゃなくて、ラクスの挿入歌も曲調違うの一緒に入っているみたいですね! どうなるのかな? ミーア版とは違うだろうけど(笑)←ラクスさまのがミーア版になったりしたら(爆笑)

*

最近、種話ばかりで反逆を目当てに来ている方には、申し訳ありません。
もうちょっとだけ、この興奮が落ち着くまで、お待ち下さいませね。



>>双愛おまけ28(運命アスキラ)


そんなアスランにむかって、このお姫さまは。

「フェイスなのに、どうしてまだですの?」
(-------いや、それは関係ないだろう?)
「昔のアスランは、次から次へとハロちゃんを作って来て下さったのに」
(-------それは、訪問の期間が空いていたからだよね。)
「ハロちゃんズと、お買いものに行きたいのですのに」
「----------は!?」

いちいち心の中で返しはしていたものの、最後の言葉に、アスランは思わず声をあげていた。

「・・・いま、なんて?」
「ですから、ハロちゃんズとお買い物に行くのですの」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

聞き間違いだろうか?
アスランは首を傾げて、隣に座っているキラとメイリンを見た。
二人は、山となっているハロの細かな部品を色違い別に仕分け作業をしているのだ。
キラは聞こえなかったのか、なんとも思っていないのか、そのまま作業を続行している。
だが、やはりメイリンは疑問に思ったのだろう。不安そうな顔をこちらへと向けてきていた。

「ほんとに随分と久しぶりですわ、外へ出るのは。もう何ヶ月も艦の中で」
「はぁ!?」
「先日まではずっと宇宙でしたし、その前は海底で」
「いや、だから、まてって!」
「・・・・・・・・なんですの?」
[PR]
by ak_yuma | 2012-01-22 18:31 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧