2012/05/11 キラ誕2

本編のアスがあまりにも不憫で、アスラクでも考えようかなー、
なんて思って、ちょっと考えだしたら、
なぜか、お花さえ舞い散るようなほのぼの空間で、アスもラクスも微笑みあっているのに、
その空気に、キラが怖すぎて入れないでいる、というような話しか思いつかなかった・・・(^-^;

まぁ、それはおいといて。
キラ誕のつづきーを以下の投下しました☆
誕生日までに間に合うかな? な?



>>キラ誕2

そろそろ黙ってくれないかな、なんてアスランが身勝手なことを考えていると。

「つまんないよ。遊ぼうよ」

急に目が覚めたかのように、きっぱりと、キラが起き上がった。

「・・・え?」
「だから、遊ぼうってば」

アスランとしては、目が点だ。
気配としては・・・たぶん、良い方向に進んでいた筈だ。
なのに。

「僕の誕生日にいいものしてくれる、って、これじゃつまんないし」

情緒のないキラは、そんなことを言って、眉を潜めてくる。
キラは子供すぎるのだ。
せっかくの恋人同士の睦みあいなのに・・・。
むぅ、と唇を尖らせてしまうのは、アスランもまた子供だからだろうか。

「ねぇ、キラ?」
「うん?」
「ぼくたち、恋人同士だよね?」
「うん、そうだよ。------あ、ゲームしようよ。お父さんに買って貰ったんだ」

くるくる回るキラの表情は、見ていて飽きない。
・・・飽きないが。
[PR]
by ak_yuma | 2012-05-11 21:32 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧