2006/01/08 約束の日2 /蒼穹






「たっだいま~」

元気な声が、その日。
竜宮島のある一角を揺るがしていた。

「え!?」
「ぅあ!?」

驚きの声。
叫び。

でもその中でも一際大きいのは。

「「つ、つばきちゃん!!??」」

殆ど悲鳴のような芹と千鶴の声であった。

「「どどどどどどうしたの!?」」

どもり混乱する二人に乙姫は、「まぁ、落ち着きなよ」と、どこからか一杯のお茶を提供した。

「あ、ありがと」
「・・・ほんとに? ほんとに乙姫ちゃん?」

お茶を飲み、一息ついた今でも、目の前にいるのが信じられないと、千鶴はぺたぺたと乙姫の体を触りだした。
ぎゅっと抱きしめたいけど、疑問が渦巻いて抱きしめられない。
そんなふうに戸惑いと嬉しさの疑惑がない交ぜになって困惑しているのがありありだ。
芹の方はもう逆に二度と手放したくないと乙姫をしっかりと抱き締めている。


---------------------------------------
総士誕生日SS。。。用。(遅いって;)まだまだつづきます~。

なんかあんまり書くのが進まない・・・;;(いや、総士がどうこうじゃなくって)
企画で切羽詰っていた(?)時の方が進みが早かったかな。
種Dのお正月SS・・・明日できるかな; できなかったら、別のSSをupします。(夏の時の花火かな(爆))
[PR]
by ak_yuma | 2006-01-08 22:29 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧