2006/01/30 アスシン(おまけ・ディアッカ)対決☆

誕生日○全。
某サイトマスターさまが占い結果を大変気に入って下さって、日記でも取り上げてくれましたv
ありがとうございます~v
何がお気に入りって、アスのライバルが、シン(おまけにディアッカ)ということで、キラを取り合うアスシン対決の図らしいです(笑)
いや、もう楽しいですよね♪ そう聞くともう萌えますよね~♪
って事で、それを受けて私は大岡裁きをしてみようかと思います。
大岡裁き。
この場合は言わずと知れた「本当のお母さんは?」です。

審判はキラの双子の姉のカガリにやって貰いましょう。
んで。とりあえず、キラの右手はアスランに持って貰い、左手はシンに。
え~と? そうするとディアッカは・・・両手が埋まっちゃったので左足でも。
キラには右足一本でケンケンしていて貰って・・・あ、既にもう泣きそうですね。
べそをかき始めてきちゃってます。
ふみゅと歪んだキラの顔を見て、早くもディアッカはリタイヤです。
「こんなん出来るのは血の通った人間じゃねーよっ」と捨て台詞を吐きつつ、脱落しました。
じゃ、仕切りなおしで、アスランとシンの一騎打ちです。
カガリの「始めっ」の声を合図に、右手と左手を思いっきり各々自分の方へと引っ張ります。
「いたいっ、いたいよ~っっ」
キラが悲鳴を上げていますが、一向に二人には手を離す気配がありません。
離したら負けだとばかり、「絶対に離すものかっ」と二人の意気込みはすさまじいものがあります。
だけど。
「痛いっ。腕が千切れちゃうよ~っっ!!」
その言葉に、思わず手を離したのはシンです。
思い出すのは、爆発で四肢を千切られた妹の姿。
そんな事にはなるまいと分かっていても、キラの悲痛な声に、最早、腕を引っ張ってなどいられません。
シンにも人としての血が流れています。
当然、均衡していた勢いが片方へと流れ、キラはアスランの腕の中へと激突です。
「いたた・・」
文字通り、力ずくでキラを手に入れたアスランは、喜色満面に実に満足そうです。

しか~し。

--------バッコーン!!!

世の中、そんなに甘くはありません。
カガリがどこから持ち出したのか、でっかいハリセンで、アスランのデコをぶっ叩きました。
その隙にキラをアスランから取り戻します。
大事に大事に自分の腕の中へと包み込み、
「キラは誰にもやらん」
高々と宣言しました。
(------ぇ? あれ? ちょっともしもしカガリさん? それではちょっと大岡裁きと違うような?)
「キラを嫁にやるなら、キラを大事にしてくれる優しいヤツだと決めていたが」
(それならディアッカでいいのでは?)
「勝負する前から投げ出すようなヤツでは心許ない」
(うんうん。それはそうか)
「かと言って、本当に引っ張るヤツも、途中で投げ出すようなヤツも許せん」
(う・・ん。まあ、一理あるか。だけど、それじゃあどうすると?)
「だから、お前らにはやらん」
(・・・・・・・・・・・・・・・)

ということで勝者なし。
キラはカガリに大事に大事にその後も育てられましたとさ。
だけど言わずと知れた、一番の人でなしはアスランということで(笑)

オチのないまま、終わる(逃)
[PR]
by ak_yuma | 2006-01-30 21:30 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧