2006/04/22-2 うう゛~ん(・・;) +追加は双愛35+

なんだか閉鎖されるサイトさまが多くて淋しいです。。。
それと同時に、その潔さに憧れてしまいます。
私にそんな事が可能だろうか? そんな事を考えてしまいます。
(縮小体制のまま一切更新せずに、ずるずると引きずっているサイトがあるのですよね・・・。それはそれで、いつかは復活させようとは思っているのですが・・・たぶん、復活させた時には・・・;;)

サイト管理、お疲れ様でした<(_ _)>
お気が向かれましたら、また構ってやって下さいませv


+追記SS↓+



双愛35

その様子に不安に思いつつも、そっと伺い見れば、ただ柔らかくラクスは微笑んでいる。
「ラクス?」
・・・まさか?
不安は上昇してくる。
だが、それを確かめるには、まだ勇気が足りない。
不安に陥るキラとは正反対に、ラクスはただ聖母のように微笑んでいる。
「ラクス・・・?」
「・・・っぁ」
躊躇いつつ、更に続けてキラが声を掛けたその時に、衝撃がエターナルを襲った。
外ではまだ戦闘が続いている。
キラがエターナルに着艦したのも、そもそもは新MSを受け取る為であった。
「ありがとう」
咄嗟に身をもって庇ってくれたキラへとラクスは、はにかんだ笑みを向けた。
その笑みにキラも漸く微笑み返し、ラクスをそっと離した。
「行ってくる」
このままではエターナルが沈んでしまう。
今はまず、この事態をなんとかしなければならない。
トリィの件は、その後に何とかするしかないだろう。
キラは頭を切り替え、ラクスをその場に残し、フリーダムへと飛び乗った。
[PR]
by ak_yuma | 2006-04-22 17:58 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧