2006/05/06 散華おまけ

彼が『彼』の名を口にしなくなった。
嬉しい時、悲しい時。
何もなくとも口にしていたのに。

それはいつからだろうか。

ボクを見ても何も言わない。
それは不自然なほどに。
ただ時々、瞳に陰りを落とす。
ボクを見つめ、苦しげに、その向こうの何かを見透かそうとする。
だけどそれも一瞬の事。
次の瞬間には、何もなかったかのように見つめている。



それはいつからだろう。
-----いつから?


それは彼のようでいて彼ではない。
それはボクの知らない彼。

だけどボクはそれでも飛ぶ。
光を反射しきらめく羽を翻し、彼の元へ。

例え、彼が彼じゃなくとも。
彼が呼ぶ限り。

それは太古から決まっていた約束事のように。
ボクを構成する一つ一つのカケラに埋め込まれた使命のように。
ボクの鼓動は彼の声を聞いただけで高鳴る。
逆らえはしない。
初めからボクのCPUは彼の為にあるのだから。



「-----トリィ!」


ほら、それだけで鼓動が高鳴る。
彼がボクを呼ぶ。

-----それは『彼』の鼓動。
[PR]
by ak_yuma | 2006-05-06 10:44 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧