2006/08/19 ▼キーワード8:『水』

▼キーワード8:『水』
「僕に必要なのはこの左目の変わりになるものだけだ」



そう冷酷な言葉で宣言された。
それは罪を突きつけ、糾弾する言葉。

だが、鏡に映った顔は・・・

硬く引き締められた唇とは裏腹に、眉根が辛そうに引き寄せられている。
俺は、そんな彼に近づき、背後からそっと・・・抱きしめた。

「何の代わりでもいい。側にいられるなら・・・」




う~ん? 口説き文句の中にキーワード入らなかったな・・。連想もできないし・・・。つーかアノ場面、崖の上じゃなかった?(爆)
えと、じゃあ・・・



「うわっ、ごめんっ」
「いや、大丈夫」
キラが躓いて、ひっくり返したお茶を、運悪くアスランは頭から被ってしまった。
幸い、冷めかけていたそれは熱くもなく、少々気色の悪さを感じさせる程度だ。
藍色の髪の先からぽたぽたと雫が落ちていく。
アスランは、そっとその濡れた髪の雫を指で掬い取った。
それが窓から差し込む陽の光に煌いて・・・。

も滴るいい男だろ? 惚れ直した?」
「ばか・・・///」

見惚れてしまっていた自分に気付き、からかうようにウィンクをして寄越すアスランに、キラはそっぽを向いた。
そこに唇が触れてくる。
柔らかな感触が頬に触れると共に水滴も感じ、キラは慌てて、タオルを取りに立ち上がった。



CPばらばらだなぁ。。(笑)
上のは分からない人もいるだろうな(^-^;



■「口説きバトン」

!注意!
これは常人には精神ダメージがかなり大きいバトンです。見る時は5回ほど深呼吸をし、覚悟を決めてから見てください。以下のキーワードを絡める、もしくは連想させる口説き台詞を自分で考え、悶えながら回答してください。答える生け贄もとい勇気ある人々にこの言葉を送ります。 【恥を捨てろ、考えるな】*リアルで言ったら変人扱いされるようなキザ台詞推奨*

▼キーワード1:『雪』

▼キーワード2:『月』

▼キーワード3:『花』 消化済み

▼キーワード4:『鳥』

▼キーワード5:『風』

▼キーワード6:『無』

▼キーワード7:『光』

▼キーワード8:『水』 消化済み

▼キーワード9:『火』

▼キーワード10:『時』

▼このバトンを回す生け贄10人
[PR]
by ak_yuma | 2006-08-19 22:55 | バトンあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧