2006/10/01 †希望~ねがうこと~ 7†(蒼穹)

らぶサイトさま。。ならぬらぶミクシィさまで見つけたので。
言葉攻め占い。
http://uranai.am/3477/

----------------------------------------------------
ゆまさんは、 罵倒されるのが好きなマゾ タイプです。

罵倒されるのが好きなマゾのあなたは、人を見る目が確かです。どんな人に付いていけば得かを嗅ぎ分ける能力を持っています。一見いい人だと思われますが、心の底では人を押しのけてでものし上がって行こうという野心を持っています。参謀タイプで、自分が浮ノ出るよりは、裏で糸を引くことが多いです。

恋愛について:
強引なアプローチに弱いです。恥ずかしがり屋なので自分からアプローチすることは苦手ですが、一度好きになるととことんまでのめり込んでしまいます。普段は相手に対して傲慢な態度をとっていますが、振られてしまうことへの危機感を常に持っています。

ゆまさんの好きな言葉責めは:
恥ずかしいです、ご主人様・・・。

爆笑。
どうせなら、キラ・・じゃなく、一騎に言わせたい(笑)

+追加は蒼穹+
・・・なんか、どっかで間違えたっぽい(汗)
僚を出した辺りからかな~・・。



†希望~ねがうこと~ 7†


何かが堪えきれなくなり、なすがままに抱き寄せられた腕の間から、しがみつくように総士の背へと腕を廻した。
嗚咽が喉の奥で鳴り、頭が熱くなる。

「・・・っく」

何も言わずとも、ぎゅっと力強く抱きしめてくれる腕に安堵する。
この手が・・腕があるからこそ、自分は自分でいられる。
もしも、なんて事は考えられない。考えたくもない。
総士のいなかったあの、冷たく凍えた『時』を・・・思い出したくもなかった。
なのに、ふとした瞬間に、それを思い出してしまう時がある。
それが、『今』だ。
総士が見えない時。
総士が側にいない時。
・・・それから、総士が抱きしめてくれる時。
その温もりが温かければ温かいほど、凍えた時を思い出してしまう。

「・・・誕生日をお祝いしようと思っていたんだ」

数え切れない口付けを落とし、震える一騎を宥めながら、総士がそう口にする。
促され、見るプレハブ小屋の奥には、確かにそれらしきものが見え隠れする。

「一騎を不安にさせるつもりじゃなかったんだ」
「・・・・・・・・・・・・うん」

-----------それだけは信じて欲しい。
真摯な瞳が一騎を射抜く。
一騎は、ゆっくりと頷いた。
信じてないわけではない。
信じているからこそ、不安になるのだ。
[PR]
by ak_yuma | 2006-10-01 20:17 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧