2007/08/26 未来~すきということばのさきに~3(蒼穹)

・蒼穹~あしたへ~3 fin アップしました。

・ぎあす。次回、更新時に、ぎあすページにも書こうとは思っているのだけど(忘れるかも;)、えと、「偽善」。ナナリーがスザクに何を言ったのか気になると言われていたのですが、ちょっと見栄え(?)の都合上、伏字になっているので、その周辺に隠しで入れています。まぁ、内容的にはバレバレだとは思うのですけども(^^;



>>未来~すきということばのさきに~3(蒼穹)


否定しておかなきゃ、後で、何をされるか分かったものではない。

「ふ~ん?」

何もかもが分かっているのだろう。
一騎のその行動も、その心も。
乙姫は、意地の悪い笑みを浮かべて、一騎を恐怖のどん底に突き落とそうとする。

「う゛」

いつでも。
どんな時も。

乙姫に敵う事などありはしない。

一騎が迷い、島から出た時も。
戻ってきた時も。
総士が違う場所へと消えた時も。
それから戻ってきた時も。

いつもいつも背中を押してくれたのは乙姫だ。
乙姫がいなければ、もしかしたら、今でもぐずぐず迷い続けたかも知れない。

伸ばした手の先に、確かなあしたがあるとも知らず。
今にしがみつき、その先を否定していただろう。
[PR]
by ak_yuma | 2007-08-26 21:49 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧