2007/10/15 プレゼントにリボンはいらない7(運命・戦後/アス誕)

なんかもう衣替えが全然、進みません・・。
苦手苦手苦手なのです~><
何が苦手って、捨てられないから┐('~`;)┌
もう着ないって分かっているものも捨てられません・・(そういうのは大概、着ない割りに高いものだけど;)
でも捨てなきゃ、もうおにゅーを買っても置く場所がない。。
そういえば面白い事に、私ってば、ご近所さんにファッション関係のお仕事だと思われていた事が判明しました(爆笑)
はいぃぃぃ? 洋服、買うのは好きだけど(お金ないから)4桁以内なんだけど?(笑)
しかも地元で買うことが多いのにな。
会社の人にも、どこまで行って買っているの? と聞かれたし。(同じ地元だよ;)
もしかして、意外と、地元で買う人って少ないのかしら?(^^;

あるサイトさまから、バトン・・・貰って来ようと思ったら、長いよ;;
時間があるときにでも、チャレンジしますー(笑)





>>プレゼントにリボンはいらない7(運命・戦後/アス誕)

いや、シンだけじゃない。
イザークもディアッカも、その頭に真っ赤なリボンを飾っていた。
・・・三人とも頭が可笑しくなったのか?
そんな疑問は・・・一瞬たりとも、沸き起こりはしなかった。
そのあまりにも馬鹿馬鹿しい要因は分かり過ぎる程に分かってしまう。

「あらあら、シンちゃん。そんなお口を利いてはいけませんわ」
「そうだよ。僕たち、アスランのお祝いに来たんだから」

ピンクの妖精の名に相応しく、にっこりと笑い、ふわふわと嗜めるラクスと。
本物の天使のようにあどけなく、ラクスの言葉を擁護するキラ。
アスランとしても、元婚約者に、大事な幼馴染だ。
擁護出来るものなら、擁護してやりたい。
・・・だが。
こんな馬鹿なことを、仕出かせるのはこの二人しかいないのもまた事実。
[PR]
by ak_yuma | 2007-10-15 21:56 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧