2008/03/17 ホワイト・デー2(アスキラ)

ARIAが終わってしまっていた・・・っ(がく)
最終巻が既に発売されていたのを今ごろ知り、けっこう・・ショック。
まだ嵌ってから間がないっていうのに、もう終わりですか?(ノ_・。)

続きは、ホワイト・デーです。
ちなみに、この中の「ホワイト・デー」の意味は捏造してますから。
では、どうぞv



>>ホワイト・デー2(アスキラ)

カガリの低く怒気が込められた声に、キラが押されるように一歩、後ずさった。
それから、その誤解を解こうと慌てて、全身で否定するように両手と首を横へと勢いよく振ってくる。

「ううんっ。ちゃんと式典は出たよっ。その後の立食パーティーだけを抜けて・・・」
「-----だから、会えないんだよ」
「・・え?」
「せっかく、オーブ首長の代理として行かしてやったのに」
「・・・・・・え」

はぁ・・とカガリは大きく溜め息を吐いた。
確かに今日は、政治的な意味で大切なホワイト・デーだ。
だが、カガリとて女の子。
この日が別の意味でも大切である事は知っていた。
・・・だからこそ。

「ええええっ!?」
「うるさいぞ、キラ」

一拍おいて、喚き出したキラをカガリは、すげなく切り捨てた。
キラがアスランに。アスランがキラに会いたがっていた事は分かっていた。
恋人同士なのに、まるで七夕の織姫と彦星のように離れ離れに暮らしているのだ。
だが、二人が彼らとは違うのは、会う機会さえあれば、いつでも会えるという事だ。
だからこそ、せっかくお膳立てをしてやったというのに。

「自業自得だろ」
[PR]
by ak_yuma | 2008-03-17 22:13 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧