2008/03/30 ホワイトデー5(アスキラ)

じ、時間がない・・・っ(汗)
追加はたぶん、ないです。
いってきます(^_^)/

+追加+
意外にも早く帰ってこれましたv
ので、たぶん、許可されるだろう他力本願更新の下準備を(笑)
いや、アスがいなくてもよければ~という話だから、もうお飾りしてもいいのかな??
それにしても、版権サイトさまって(プロなRちゃんやTちゃんはともかく)、なんでこんなにも上手い人が多いんだろう!!!
可愛かったり綺麗だったりvv もう眼福~♪
それで学業や仕事も平行しているんだもんね~。すごいやv

c0025033_2151366.jpgc0025033_2184870.jpg桜v いっぱい写真を撮ってきたので、そのうちupしたいな♪



>>ホワイトデー5(アスキラ)

「アスラン、アスランだっ!!!」

その姿を見た途端、転がるようにキラが駆け出していく。
子犬のように右に左へとアスランの周りに纏わりつき、抱きついた。

「どうしたの!? カガリがアスランはプラントだって!」
「うん。ラクスに突き落とされた」
「へっ?」

喜色満面のキラに対して、アスランは肩を竦め、苦笑を浮かべた。
勿論、その言葉は比喩だ。
比喩だが、地表まで落下の体験をしたのは本当の事だ。

「せっかくオーブ特注の豪華シャトルで行ったってのに、帰りはまっさかさまだもんな」
「何、言ってるんだよ。最高の乗り心地だっただろ。ザクで落とされなかっただけありがたく思えば?」
「そりゃ、ザクに比べればね。でも豪華シャトルに比べれば、幾らデスティニーって言ってもな」

後方より聞こえて来た皮肉な声に、アスランはこれまた肩を竦め、振り向いた。
[PR]
by ak_yuma | 2008-03-30 09:26 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧