2008/04/07 始動。(スザルル)

ちょっと、補完を・・・と思ったら、意外に長くなってしまいました・・・(汗)
更に、もう一つ、ちまっとしたのを書きたいので、サイトアップは、また今度で。

やっぱり、本編が始まると違いますね~・・・活気が(笑)
拍手、ありがとうございますvv



>>始動。(スザルル)

・・・夢を見ていた。

襲い来る焦燥感。
突き刺さる苛立ちの棘。

何も変わらず。何もない。
愚かしくも緩やかな日常。

・・・退屈な毎日に死にそうだった。

何かが足りないと思っていた。
何かが違うと思っていた。
それでも、それが何か分からなく。
ただ、もどかしく生きていた。

・・・本当は死んでいたのに。

結局は何も変えられなかった。
結局は何もしてこなかった。

・・・未だに、あの男の手の中にいた。

何も生み出さず、何もしていない。
そして今は記憶さえも奪われて。

偽りの毎日。
偽りの記憶。

・・・それでは、あれは?
あれも偽りの記憶なのか?


『ルルーシュ。赦しは請わないよ。友達だろ・・俺たちは』


銃を向けて・・・銃を向けられ。
お互いに向け合い、絶叫した思い。

-----そうだな。友達だな、俺たちは。

甘かったのはどちらか。
どちらがより多く強い思いを持っていたのか。
記憶を手放したのはもしかしたら自らの望みか。

目の前の事が信じられなくて。
目の前の人物を信じすぎていて。

・・・そこには、確かな思いがあった筈なのに。

もはや、それすらも偽り。
ただの偽りだったのだ。




「・・・まるで、白雪姫みたいだな、俺は」
「ルルーシュ、どうした? 大丈夫か?」

ふと、自嘲が漏れ出た。
それを見咎めた魔女が振り返る。
無機質な顔で。無感動な声で。
それでもそこには労わる言葉がある。

・・・魔女の口付けで助けられるなど。

それこそ白雪姫か眠り姫か。
まるで歪んだ童話のようではないか。

人でないものに助けられ。
人に家畜として扱われた。

それこそ・・・友だと思っていてたものに、奈落へと。
-------突き落とされて。





それならば。
物語を終わらせればいいのだ。

白雪姫が毒りんごから目覚めたように。
眠り姫が紡錘の呪から目覚めたように。

さあ、始めよう。遊行の時を。
目指す世界をこの手にする為に。




『--------友達だろう? 俺たちは』
[PR]
by ak_yuma | 2008-04-07 21:22 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧