2008/06/25 陽だまりの3(仮)反逆

ゆまは、わちふぃーるどが好きなのですが、周りは、結構、知らない人が多いのですよね。・・・地元近くに工場があると言うのに(笑)
んでも、会社の机にそのダヤンのパズルを飾っているのですが(←おもちゃだらけwwマテ;)、今日、それを見た人がすぐにダヤンだと気付いてくれて、かなり嬉しかったです♪
しかも河口湖の美術館まで行ったことがあるらしくvv へへ(*^^*ゞ

んで、以下。。やっぱりススマナイ。。
次の更新、何にしようかなぁ。。とりあえず、「しようよ」と「雫(仮)」は平行して進めてるけど・・・。
(そろそろ、蒼穹にも取り掛かりたい。。)



>>陽だまりの3(仮)反逆

駄々を捏ねるロロに、ルルーシュは空いているもう片方の手を伸ばし、宥めようとした。
ルルーシュとてロロが何を言いたいのか分からないわけではない。
気にしているのは「妹」・・・ナナリーの事だろう。
自分はただの身代わりなのだとロロが思い悩んでいる事は知っていた。
そして、こうしている今も、アーニャを離さないその繋がれた手が、余計にロロを苛立たせているのも分かっていた。
だが、それではダメなのだ。
このままでは。
いつまでも、ただ「兄」に甘える「弟」では。
それでも、それをどう言い表したいいのかは、ルルーシュにも分からない。
もどかしい思いに、焦燥を覚えつつ、それでもルルーシュは何とかロロを宥めようと一歩、前へと進んだ。

「・・・っえ!?」

・・・と。
ふいに、アーニャから伸ばされた手が、ロロの頬を撫でていく。
[PR]
by ak_yuma | 2008-06-25 22:31 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧