タグ:双愛 ( 106 ) タグの人気記事

2005/07/16 アスver.6(どうしよう、たいとる~・・;;)

昨日のver.5、ちょこっと加筆修正しております。。。(って、何か長くなっちゃっているのですけど;; 補完なのに終わらない~(汗) そろそろ運命SSに移そうかな;;)


「きら゛ぁ~・・」
「あ、うん。カガリ、呼んで来るね」
「は!?」
------なんでそうなるの?!
医務室のエアードアを開けて入った途端、アスランの苦鳴が聞こえ、キラは踵を返した。
背後で、何かアスランの声が聞こえたが、きっと「ありがとう」か、それに類似した感謝の言葉だろう。
トテトテと、決して早くはない速度で、キラはそれでも艦橋にいるであろうカガリの元へと向かった。
何かやだなぁ・・・と思っている自分が何か嫌だ。
ここ最近、呻いたり、溜息を付く事が多くなった。
「はぁ・・・」
それが分かりつつも溜息を一つ付き、
「カガリ。アスランが呼んでいるよ」
次の瞬間には、努めて明るく、キラは艦橋に入っていった。
「え!? アスランが??」
照れているにしては、わざとらしい程に、カガリは目を見開き驚いた。
心底不思議そうに首まで捻っている。

そんなことまでしなくてもいいのに・・・。

アスランとカガリが恋人同士なのは周知の事実だ。
あまりにわざとらしいその態度に、キラはここ最近のもやもやが表面に浮かび上がってくるのを抑えられなかった。
「そうだよ。早くいけば」
声には刺が含まれてしまったかも知れない。
思ったよりも強い言葉。
カガリが瞬間、傷ついたような色を瞳に浮かべた。
それに気付き、キラもばつが悪いような表情を浮かべた。
だけど、飛び出した言葉はもう戻らない。
それに・・・。
やっぱり、もやもやが収まらない。
「う~・・」
小さく呻くキラに、ミリアリアがおいでおいでと手招きしている。
それを見た途端、キラは腕の中へと飛び込んでいっていた。
よしよし、と頭を撫でてくれる手に安心する。
「ここはいいから」
-------アスランのところへ。
小さく体を丸め、しっかりとしがみついてくるキラを抱きとめ、ミリアリアは、そうカガリへと微笑んだ。


----------------------------------------
友達のサイトで、ですね。
隠れオタ100質ってのをやってあったのですよ。
んで、その中で、
・恋人に自分がオタクということをカミングアウト出来ますか?またはしてますか?
という問いに、友達はyesと答えてあったのですよね。
いずれバレることだからと。
いや、確かに、いずれはバレるとは思うけど・・・どうやって?(^-^;
本日、メイトに寄りたいにも関わらず、素通りですよ~・・っ。
目の前通ったのにっ。(ま、明日行くからいいのだけど(笑))
「ここ、寄りたいのだけど?」とか、それとも
「運命、ナマで見たいから帰っていい?」(オ~イ;;)とか??
[PR]
by ak_yuma | 2005-07-16 20:50 | SSあり

2005/07/15 こわっ||| (あすver.5追加)

なんかですねぇ・・・車のブレーキが、今日、いきなり、軽くなったのですよ(・・;)
昨日までは、ほんのちょっと踏むだけで重くて、(渋滞ばっかなんで;)もう右足が筋肉痛~ってくらいだったのに、スカって入って(・・スカっですよっ?!) ものすご~く軽くなっちゃって、でも、思いっきり足を伸ばせばブレーキ効くので問題はなかったのですが、恐くて恐くて;;
感覚が違うと、今まではこの辺でブレーキかければ大丈夫ってトコが変わってて分からなくて恐いです。。。
なので、営業さんにメール(笑)
そしたら、速攻、電話がかかってきたのはいいのですが・・・話を聞いているうちに、よく分からないけど、更に恐くなりました(T^T)
でも、営業さん、今月、忙しくて、車を取りに来れないから、来て欲しいって言われて・・・んでも、私、まだ、そんな遠いところ行けません~(ノ_・。)
ナビを見ながらの運転は、ものすっごく疲れるのですよね~・・・。
分かりきっている道だからこそ、のんびり曲、聞いてられるのに(笑)
なので、近場の別の営業所に行く事にしました~。そっちでも大丈夫との話なので。
土・日は出かけなきゃならないので・・・月曜日? ん~?でも、あそこなら、会社の帰りでもいいか・・な?
ちゃんとビデオ録画しないと~。あ!録音もだ! 本日、種ラジですねっ(in関東)
思い出してよかった(笑)

+ SS、追記。(微妙に修正;)+

ミリアリアの手は暖かい。
よしよし、と頭を撫でてくれる。
だからキラは安心して甘えることができる。
「どうしたの?」という声には、「だって・・・」と拗ねたように返した。

だって・・・。



「いいなぁ・・。たのしそう・・・」
思わずキラはポツリと呟いてしまっていた。
カガリが、アスランの看病を代わってくれると言うから頼んだのはいいけれど。
やっぱり心配で、こっそりと覗きに来て見れば。

----ほら、あ~ん。
アスランを助け起こして、カガリは甲斐甲斐しく世話をしていた。
アスランの方も、照れくさそうにしつつも、口を開き、カガリに食事を食べさせて貰っている。
何だかんだと言いつつも、やっぱり二人は仲睦まじい。
二人が喧嘩をしているのじゃないかと心配で見に来たと言うのに、仲が良ければ良いで、なんだか複雑な胸中だ。
そんなに了見の狭い方ではないと思っていたのに。
知らず知らずのうちに、自分の唇が少し尖っていく。
「う~・・」
キラは、その事に気付き、自分で眉を潜めつつ、その場を離れたのだった。



「だって・・・」
拗ねて、唇を尖らせたキラに。
ミリアリアにはそれだけで分かるようだった。
「しょ~がないなぁ、キラは」
と、笑いながら、ぎゅっと抱き締めてくれる。
「しっかりするようになったと思ったのにね」
「・・・しっかりやってるもん」
「ん。ま、そうだね」
-------普段はね。
くすくすと、笑われても。
ミリアリアの手はやっぱり暖かい。
「う~・・」
キラは、一つ呻いて、安心してミリアリアの胸に抱きとめられた。
[PR]
by ak_yuma | 2005-07-15 21:23 | SSあり

2005/07/14 アスver.4

「きら゛ぁ・・・ぁ。-----------なんだ、カガリか」
「おっまえっ! いつか絶対、キラに刺されるからなっ」
カガリがエアードアを開き、医務室に入った途端。
アスランの苦鳴が聞こえたと思えば、次の瞬間には、ぶっきら棒な声が放たれた。
「キラがそんな事するわけないだろう?」
はん。とまるで鼻でせせら笑うような声。
------このおとこは・・・っ。
カガリは、拳を固める代わりに、ベッド脇のサイドテーブルに、持ってきた食事トレーを叩きつけるように置いた。
「ほらっ。メシっ」
「後で食べるよ」
わざわざ持ってきてやったのに・・・っ。
ありえないほど早い即答に、カガリは、今度こそ拳を固めた。
はぁッ!と、拳に息を吹きかけつつ、
「キラだったら、来ないからな」
そんなカガリに、なんで?と、さも不思議そうにアスランは見返してくる。
「お前、甘えすぎ。こんな時だからしょーがないと思って甘えさせてやってたけど、キラが疲れまくりじゃないか」
勢いよく、アスランの眼前にカガリは、拳を突き出し、それでも自制心を取り戻し、額をコツンとこづく程度に留めた。
「あれっ!? 熱い? お前、もしかして体調悪いのか?」
「・・・・・・・今まで、何だと思ってたんだよ」
「仮病」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
あまりにあまりの即答に、アスランは天を仰ぐように瞳を瞑った。
これが仮にも、恋人という事になっている相手の言う事だろうか。
ぷいと、拗ねてそっぽを向いてしまった彼に、
「しょーがないなぁ。んじゃ、私が食べさせてやるよ。ほれほれ」
「いいっ。いらないっ」
嫌がる彼を追い詰めるのは楽しい。
どうやら、カガリは新たなストレス解消方を発見してしまったようだ。
これで狭い艦内暮らしも少しは面白くなることだろう。
「ほぉら。これを食べたら、もう暫くはキラに甘えさせてやるぞ」

------------------------------------------
もはや、日記とは言えない状況・・・;
別にした方がいいですか?(^-^;

>T.A.さま☆ミ
無事に届いたようでよかったです~vv
私の方も後日、メールしますねv
浴衣について語りましょう(笑)

--------------------------------------------
気になりつつ、時間がなくてここ数日、見にいけなかったのだけど。
どうやら対策を取ってくれたみたい。
ほっ.。o○ やっぱ、好きだわ~vv////
フォローもばっちしですねv
(でも・・あれ? N○N○さまが、管理しているのじゃないの? ってか、iモードでも問題発生していたのか(゚ o゚;) いや、そもそもiモード版は、川○さまでしょ~っ? ゆ○さまが、全部、管理しているの?? それはちょっと・・・たいへん(^-^;)
[PR]
by ak_yuma | 2005-07-14 22:00 | SSあり

2005/07/13 アスver.3

「二人ともっっ」

わなわなと震わせていた唇を開き、キラは勢い込んで、二人に詰め寄った。
「アスランは怪我人なんだよっ? 重体なんだよっ? そんな事していいと思ってるの!?」
だが、そんなキラに二人は
「あ、そっか。やっぱ、まずいよなぁ~、手加減しないと」
「うん、そっだね。どのくらいまでなら平気か医師に聞く?」

これが恋人である筈のカガリと、その友達の会話だとは到底思えない。
キラはなんとも言えない表情で幼馴染の不憫さを嘆いた。
ここまで、恋人に軽くあしらわれるなんて・・・。
いったい、アスランの何がいけないのだろう?
やっぱりアレだろうか。
この件のそもそもの原因は、フレイによく似た赤髪の子をアスランが連れ帰った事だろうか。
だけど、その事自体は、カガリの様子を見ていても、全く怒っている気配はない。
それなのに??
キラは首を捻りつつ、それでも、可哀想な幼馴染の為に。

「わかった。わかったよっ。僕が、看病すればいいんでしょっっ!!」


---------------------------------------------------

車を運転していてですね、ライトでの会話があるのですよ。
チカっと、ほんの一瞬のハイビームで、その状況により、
「お先にどうぞ」「先に行かせてくれ」「ありがとう」
と様々なコミュニケーションが取れるのですが・・・これって、どうやっているのでしょう?;
私の車だとライトは、捻らなきゃならないのですが、運転中に、そんな一瞬のハイビームは、私には無理;なのですよね。
そんなことしたら、蛇行しちゃうよ;;
なので、私の場合は、(対向車に右折車がいて、それにより渋滞しちゃっているときとか。)「お先にどうぞ」はスピードを落として、車間を大きく開けて、(場合によっては止まってあげたり)、左折するなら、早めに方向指示器を出して、対向車に先に行くように促したり、しているのですが、こういう小技がマスターできたらいいなぁと思うのですよね。
あと、間に入れてあげた時とか、ハザードランプ(?)なのかな、チカッと後ろのランプを点滅させて「ありがとう」って言ってくれたりする人とかもいて。(たいがいは片手を挙げて「ありがとう」だけど)
ちょっとした挨拶が嬉しいのですよね。

もちろん、その逆に意地悪な人とかもいるのだけど。
あと、一番困るのは、方向指示器を出さない人・もしくは、ぎりぎりまで出さない人。ほんとこれは恐い。いきなりスピード落とされても困るんだよねっ。
あとは、後ろを車間空けずについてくる車。
もう、こういう車がいる時は、しょーがないから、方向指示器をほんとかなり早く出しています。
じゃないと追突されちゃうよ(苦笑) せっかくの可愛いくるまちゃんに傷でもついたら大変だもんっ!
ジャ○の本にも書いてあったけど、追突される事の多い人は、自分にも原因があって、方向指示器を出すのが遅すぎなのですって~。
交通ルールを守って、自分も周りの人の命も守って、思いやりももって、運転はしたいものですね~。
[PR]
by ak_yuma | 2005-07-13 22:27 | SSあり

2005/07/12 アスver.2(だんだん短くなっていく(笑))

「「アスランは?」
「(やっと)寝たよ」
「・・・なんか疲れてないか? お前」
「そう思うならカガリが変わってよ! 恋人でしょう?」

艦橋に入った途端、カガリに声を掛けられた。
打ち合わせには大遅刻だが、こんな時だ。
それは大目に見てくれるらしい。
それよりも。

「やだよ。アイツ、お前の名前しか呼ばないんだもん」
「は~ぁ!? そんなわけないじゃんっ。カガリ、なんか苛めたんでしょ!?」
「いやいや、ほんと。------なぁ?」

唇を尖らせて抗議したキラにカガリはあっさりとそういなし、ミリアリアに同意を求めた。
ミリアリアも深く頷く。

「もう、ほんと、うざいよなぁ」
「だよね。今度からキラの名前呼んだら、一発殴るなんて、ど?」
「あ。それいいかもなっ」

「な、な、な、な、・・・っ」

二人の会話はどう聞いてもアスランに同情的ではない。
このAAに運び込まれた時には、自発呼吸もままならず、酸素吸入までしていたというのに。
今はどうにか、自発呼吸は出来てい、又、意識が戻った事で安定はしてきているが、それでもアスランが重体であることには変わりない。
------そんな彼を殴る?
キラとしては「まさに信じられない」としか言いようがない。



----------------------------------------------------

お~v ギルキラに変わってアスキラだ~vv///
「錯乱している」から、キラも錯乱させてあげているのですね(笑)
わ~///  いいもの拝見させて貰っちゃいました~vv
ありがとです~v >T.A.さま☆ミ
[PR]
by ak_yuma | 2005-07-12 22:01 | SSあり

2005/07/11 新しき旗。補完SS騙逢アスver.1

やっぱ次はコレでしょ!(笑)
アスラン脱走。補完でやったヤツの対で、どぞ~v
(タイトル、一応未定デス)

-----------------------------------------------

「きらぁ゛・・ぁ・・・キラ・・ぁ・・」
「うん。ここにいるよ」
目が覚めるたびに不安そうに僕の名前を呼ぶ。
キラはそんなアスランに微笑みかけ、宥めるようにゆっくりと頭を撫でてやった。
そうすると安心するのか、口元が綻ぶ。
今だ、声を出すだけでも辛そうな彼だけど、キラの名前だけは、ずっと呼んでいた。
それだけ自分を頼りにしてくれているのかと思うとキラも嬉しい。
「きらぁ゛・・・」
「ごめん、打ち合わせに行かないと」
「きらぁ゛・・ぁ」
「う゛」
縋るような瞳。縋るような声。
本当に心細いのだろう。
その瞳を、声を聞いてしまっては、キラとしても放ってはおけない。
立ち上がりかけた腰をもう一度、椅子に引き戻し、キラは仕方がないな、というふうに微笑んだ。
いつもしっかりしている彼だから。
いつも甘えてきたのは自分だから。
こういう時くらいは、たくさん甘えさせてあげたい。
幼い頃。
彼がそうしてくれたように、布団の上からぽんぽんと一定のリズムで軽く叩き。
キラは彼が寝付くまで側にいてあげることにした。

-------------------------------------------------------

あれあれあれあれ?;;
アレがない。あの絵がナイ。
ギルキラ絵がなかった~(T^T) なんでなんでなんで?
うわ~、萌え絵だったのに!
削除しちゃうくらいなら、私にちょうだい~っっ。 >T.A.さま☆ミ
欲しいよぉ~~~っ。


蒼穹、情報ありがとうございます~vv
開始は12月なのですね! 楽しみなのです~♪
ちょ~ど、運命終わって、一段落した頃?ですね(笑)
時間帯は何時ごろなのでしょ~? また真夜中?かな??
別の楽しみもできましたしvv
その時にはぜひ、教えて下さいねvv
ありがとうございました~vv///
[PR]
by ak_yuma | 2005-07-11 21:13 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧