タグ:補完 ( 4 ) タグの人気記事

2005/12/29 感想up。

どうにか感想up出来ましたv →こちら

んで。補完SS

「・・・?」
シンとルナマリアを拾って、エターナルに帰還すれば、何かがおかしい。
はっきりとは分からないが、少しのざわめきと・・・格納庫にあるべき機体がない事に戸惑う。
戦闘は終わった筈だが・・・何かあったのか?
とりあえずは、メイリンとルナマリア姉妹を一刻も早く会わせてやりたいと、二人を伴い、艦橋へと向かう。
すると。

「アスランっ!」
悲鳴のような悲痛な叫びが、エアードアを開いた途端に、投げかけられた。
それと同時に、宙を浮き駆け寄ってくる姿。
「どう・・・したんです?」
その柔らかな体を抱きとめ、アスランは戸惑いながらも疑問を口にした。
見れば、艦橋内も暗い雰囲気が漂っている。
「キラが・・・っ」
それっきり、ラクスは俯いて口を閉ざしてしまった。
その瞳にはうっすらと涙のようなものまでが浮かんでいる。
アスランはその様に胸騒ぎを覚えた。
だが、この宙域での戦闘は停止している。
先ほどの様子では怪我もしていない筈だ。
だが、その姿はエターナルにはない。
これはどういう事だろう・・・?
「キラが? キラがどうかしたのですか? エターナルにはいないようですが?」
一瞬の沈黙が流れる。
答えは、意外・・・というほどではないが、メインスクリーンの方から帰って来た。
「それが・・・キラくんなら、こっちに来ているの」
スクリーンに映るマリューは、困惑したようにそう返してくる。
もうどうしたらいいのかと、頬に手を当て、心配そうに眉根を寄せてもいる。
メサイアの位置からすれば、AAよりはエターナルの方が近かった筈なのに、なぜかキラはAAの方に帰還したという。
しかも、着艦後も、マードックやらミリアリアが外から呼びかけてもなぜかコクピットから出てこないとも。
「怪我でもしているのかしら・・・?」
「いえ、それはないですけど」
先ほどの様子を再度思い浮かべても、それはないとアスランは否定した。
だが、それでは何が?
「外部から、強制的に開けられませんか? それもロックされています?」
「いえ、それは・・・」
「?」
「開けちゃっていいのかしら?」
マリューのその問いに、アスランは脱力した。
キラの事が心配で堪らないのに、キラの心情を慮っている。
なんだか、AAでは、とことんキラを甘やかしているようだ。
「・・・・・・開けちゃってください」
「でも・・・。悪いんだけど、アスランくんもこっちに来てくれないかしら?」

「それなら私も!」
マリューのその問いには即座にラクスが反応した。
だが「ダメですっ」とダコスタに一言に否定されてしまう。
「どうして!?」
「ジュール隊が謁見を求めてきています。大風呂敷広げたからには仕事して下さいっ」
「でもっ」
「でもじゃないでしょっ。貴方はっっ」

永遠に言い争いが続きそうな二人は放っておき、
「俺やラクスに甘えたいのなら、こちらに帰還するでしょう。そちらに帰還したからには、マリューさんたちに甘えたいのだと思います。」
アスランはそこで少し考えて、こう付け足した。
「照れくさいのかも知れませんね。さっき『命令』という言葉を使ったので」
マリューは、「あら」と、微笑んだ。
それと同時に、その微笑の後ろから。
「うわっ。何それっ。ばっかみたいっ!? ---------こら、キラっっ」
ミリアリアの元気な声が重なって聞こえてきた。

------------------------------------------------------
なんかもうこれ、ほんとうにだらだらだらだら続きそうなのでこの辺でおしまい。
つづきとかみたい人とかっています?(笑)
[PR]
by ak_yuma | 2005-12-29 11:04 | SSあり

2005/10/03 思ったよりも;

時間がかかっちゃいましたよ~;>用事。
午後からは空く予定だったのにナ。
帰ってきたらもう夕方。。。
それもこれも(怒) 勝手に合併なんかしくさるからだ~っっ!!
うちの地域。住民の反対を押し切り、勝手に市長・町長が、合併してくださがりやがったのですよね。(←丁寧にしようとしつつ、丁寧になれない(笑))
住居表示の書類変更手続きをしなきゃならないとことかがあって・・・そんな都合は、当然、他の住民も一緒なので、役場はすんごい混雑・・・(・・;) いったい何時間待たせるのだろ・・・;;
は・・・ぁ。


キラさまバトン。
彩種さま、回答、ありがとうございます~vv
回答に萌え萌えしましたよ~v
ってか、あれって裏ver.なキラさま受けバトンな気がしません?(笑)

-------------------------------------------------------
+追加SS+
「おっそい!!」
シンは頬をぷっくりと膨らませ、そう勝気に第一声を放った。
ルナマリアはそのシンの豹変ぶりに、ぱちくりと目を瞬かせた。
先ほどまでは、ルナに泣き縋っていたというのに。
いったいこの差は何なのだろうか?
交互にシンと相手を見つめる。
だいたいさっきまで交戦してい、更に、そもそもココに落としてくれたのも彼だというのに。
よく、そう強気な発言が出来るなと感心してしまう。
「おまえな・・」
言葉を放たれた方は-------アスランは、がっくりと頭を垂れていた。
せっかく、わざわざ迎えにきてやったというのに、なんで怒鳴られなきゃならないんだという様子がありありだ。
はあ。と溜息をついて、それでも、やっぱりこんなところに放置もして行けないのだろう。
ジャスティスのハッチの傍らにより、「来い」と手招きしている。
「まずルナから。レディーファーストだ」

「そんなとこに三人も乗れるのかよ?」
「じゃあ、シンはここで待っていてくれ。ルナだけ先に連れて行くから」
「えっ?!」
「----あ。もしかして、忘れてしまったらごめんな」
ルナを押し上げるのに手を貸しつつも、シンの憎まれ口は収まらない。
アスランはそんなシンに真面目な顔でそう告げた。
途端に
「ごめんですむかよ------っっ」
シンの絶叫が響き渡る。
アスランはそれには笑いを押し隠そうともせずに
「嘘だよ。MSに三人乗れるのは実証済みだから」
「?」
「何だったら、膝の上にでも乗っけてやるけど?」
ルナを座席後部に入れ、今度は胡乱な瞳を隠そうともせずに問い返すシンに、アスランは手を伸ばした。

------------------------------------------------
昨日、帰りにですね。とあるお店を見つけてしまいました☆
そこでキラさまフィギア2体とシン・フィギア1対を連れ帰って来ちゃったのですよ~v
いや、もう可愛いですね~vv///

キラさま1対とシンは、プチサイズので、
キラさまは、隠居椅子にお座りし頭にトリィを乗っけているというものだったのですが、これがもう可愛くて可愛くてvv///
シンは、コクピット内でメット被って敬礼している姿。
二人とも丸系で可愛いのですよ~v

※画像は下記サイトで確認してね。
メガホビ ttp://www.megahouse.co.jp/megahobby/index.html
(URLは頭にhを足してねvうちの窓は閉じてからでお願いします。)

機動戦士ガンダムSEED DESTINYプチスタジオ Stage2(税込み472円らしい)
これの、キラさまが400円だったので即買い。いや~v もう可愛いですvv
んで、シンレイは各200円でしたね。んで、ルナミーアは800円~1000円。
こ、この差は?; キラさまより高い!(いや、私は、安い方が嬉しいのだけど)全般的に女の子の方が高いようですね。
しかもラクスさまよりもメイリン・ルナ・ミーアの方が高い。
運命キャラの女性陣は強いですね!

機動戦士ガンダムSEED DESTINYプチスタジオ Stage1(税込み472円らしい)
のシンが100円で~(笑) しかもレアバージョン? アップされている画像とは別にメットも被っています。
もしかして、かなりお得だったのかな?

んで、バンダイのガンダムキャラクターズ2のキラが200円だったので、こっちも即買い。
(こっちは画像が見つかりませんでした~。)


なんだか、そのお店、かなり、この手のフィギアがあったのですが。
「ハロカプ 機動戦士ガンダムSEED DESTINY編」
アスランが550円で売っていて・・・かなり欲しいような精巧な作りだったが、私には高くて買えませんでした~(笑/キラでも買わないかも; 私の価値観では500円以内(爆)できれば300円;)

その他にも、バンダイの機動戦士ガンダムSEED DESTINY EFコレクション・・・の2かな?
ラクキラとシンステが、セットで550円で売っていたのですよね~。
これってかなりお得ですよね~? でもやっぱり買わなかったのは・・・微妙に顔が好みじゃなかったから(笑)
顔が好みだったら、買っていたかも?


この間のトリィで、フィギアの(変な(笑))面白さを教えてもらってから、ちょっとこういうのに興味があるのですよね~。
おまけじゃないフィギアを買ったのは初めてです!
(でも、首がもげたのガンダムキャラクターズ2の方だけでした~。ちぇっ(笑/←何する気;))


そういえば。
早速、運命再放送決まりましたね。
■TBS(関東地区)
日 時 : 毎週水曜日 深夜3時6分~3時36分(10/5スタート)    
■MBS(関西地区)
日 時 : 毎週土曜日 午後5時30分~午後6時(11/19スタート)

再放送する時間があるなら。
夜中でもいいから、こんな駆け足じゃなく、このまま納得のいくように続けて欲しかったですけどね。(ぼそり)


そ、それにしても長い日記だ;
ここまでお読みくださりありがとうございます~v
[PR]
by ak_yuma | 2005-10-03 19:58 | SSあり

2005/09/05 真実の歌・補完1 (追加日記あり)

「・・・どうでもいいみたいですわね?」
洋服を試着してみては、キラにどうか?と見せたのに、反応が一律にしか返ってこない。
ラクスはその事にぷくりと頬を膨らませた。
するとキラが慌てたように弁解を始める。
本気で怒ったわけではないが、もうちょっとくらい意地悪をしてもいいだろう。
キラがそういうのに疎いのは分かっているが、やっぱりちょっとは見て欲しいと思うのは女心だろう。
だから。
「アスランはどう思いますか?」
そう振ってみる。
もちろんアスランもそういう事に敏いというわけではないけれど。
キラよりはそういう社交性があるとは思っている。
ザラ家の跡取としてそういう教育も受けてきたのだろう。
だが、そう振られた途端、アスランは。
ふぅ・・っと、溜息を付いて瞳を反らした。
「なんですの、それは?」
先ほどのキラの反応とは違って、なんだかほんとにむっかりとくる。
「つまり、似合わないということですか?」

--------------------------------------
いったい幾つ、中途半端を作れば気が済むのだろう・・・私は・・・・・・・;;
って事で(?)、アスvsラクスです。
議題は洋服の好みって事で(笑)

+追加+
昨日からすんごい雨ですね~・・;
土砂降りになったら、運転できないと思い(笑)、定時で速攻、帰宅しました。
その甲斐あってか(?)、いつもの定時よりもかなり早く帰宅・・・。
そっか・・私、会社でるまでに無駄な時間をすごしていたのね・・・と思い知りました(爆)
都内では床上浸水がかなりあったようですね・・・。
こちらの方も、かなり水が上がって、土砂が下水から流れ出ていたようですが、どうにかうちの方は、建替えの時に床を上げていたので無事にすみました。
なんだか去年から災害が多いような気がするのですが・・・。
いったいどうなっているのでしょうね。お大事にして下さいませ。

>M城さま☆ミ
うわわわvv/// シン誕生日もの読んで下さってありがとうございます///
LOOP。更新されていましたね~vv うふふvv 嬉しいのです~vv
(あ。でもキラがでてなかった・・・のが気になる~;)
って、私も日記で何なのですが(笑)
更新楽しみにしてますvv
[PR]
by ak_yuma | 2005-09-05 20:55 | SSあり

2005/09/01    シン、お誕生日おめでとうvv

--------アスラン先輩っ。

まどろみの中。
そんな声が聞こえてくる。
それはかつては、自分を慕ってくれていた声。
その声をもう聞くことは出来ない。
いつからだろうか。
彼が自分を蔑むように見詰めてくるようになったのは。
憎しみを湛え、皮肉に口元を歪め、ともすれば怒りの矛先を向けて来た。
・・・その瞳さえ、もう見れないかも知れない。
裏切るつもりなどなかった。
裏切っているつもりもない。
ただ、道が分かたれた。
自分が求める道が、そこにはなかっただけ。

だから・・・・・・・・・。


「起きて下さいよっ。アスラン先輩!」
「・・・っ」

がくがくと肩を揺さぶられ、まだ癒えない傷の痛みと共に、もはやそれが幻聴などではない事がわかった。
うっすらと瞳を開けると、そこには紛れも無いシンの顔。

「・・・・・・・・・・・・・・」

掛ける言葉が見つからず、アスランが、ベッドに横たわったままパチパチと瞬きをしていると、シンがふわっと蕩けるような笑みを浮かべて、笑い掛けて来る。

「なんだ・・・夢か・・・」

あっさりと納得し、アスランはもう一眠りするかと瞼を閉じようとする。
すると。

「うわっ! なんで、そうなるんですかっっ。せっかく会いに来たのにっっ」

怒ったような拗ねたようなシンの叫び。
さらに、またもやがくがくと肩を揺さぶられ、アスランは意識をしっかりと覚醒させた。

「っ!」
「あ、すいませんっ」

--------痛いんだよっ。
と睨みつければ、意外にも素直にシンは、謝ってくる。
それは、かつてアスランがザフトに戻る前。
捨てられた子犬のように寂しさに視線を彷徨わせ、懐いてきていたあの頃のシンに似ている。
拗ねた瞳をしつつも、人肌を恋しがっていたあの頃に。
だが。
「どうやって入り込んだんだよ?」
アスランとしても、それを諸手を上げて歓迎とはいかない。
仏頂面を隠そうともせずに、シンを問い詰める。
ここはアークエンジェルの医務室。
そして彼はそれとは敵対するミネルバのエース・パイロットだ。
「民間人として」
「はぁ?」
--------そりゃ、無理があるだろう。
とアスランは胡乱な瞳を隠そうともせずに一蹴した。
ミネルバは一度は、オーブに停泊した事がある艦だ。
オーブとて、クルーの顔くらいは確認している。
しかもシンは、オーブ首長のカガリとも面識がある。
そんな状況で、いくらオーブ国内が混乱しているからといって潜入はできまい。
いや、出来たとしたらそれはそれでかなりまずい。
しかも、AAは最奥部に隠されたドックに格納されている。

「嘘じゃないですよ。ほら」

そうシンに見せられたIDカードは確かにオーブの民間人のもの。
いや、だが。
そんな偽造カードで、いくらなんでもこんな最奥部には・・・。

「偽造でもないです。----あ、それともこれも偽造って言うのかな」
アスランが納得できないでいると、シンがそう答え、さらに独り言のように付け足し。

「オーブ首長が発行してくれたのですけど。偽造だと思います?」
「は?」
「カガリさんがくれたんです」
「・・・・・・・・・・・・どうして」

悪戯っ子のように瞳を瞬かせながらも、口調は真面目に問い掛けてくるシンに、アスランはようやっとそれだけを答えた。
はっきり言って、理解ができない。
どうしてカガリがそんな事をする必要がある?

「『アスラン先輩のお見舞いに』って言ったら、あっさりと発行してくれましたよ。ちなみにここまで案内してくれたのもカガリさんなんですけど」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
-------------カガリぃ・・・・・。
なんだかんだあっても、結局は甘いカガリに、アスランとしては眩暈がする。
呻くように、がくりと頭を横に倒す。
その合間にも、シンは嬉しそうになんだかんだとしゃべっていたようだ。
もはや考える気力もなく、適当に相槌を打っていたアスランに、シンは拗ねたように、少し強い口調で迫って来た。

「聞いてます? アスラン先輩?」

アスランとしては起き上がる気力もなく、ベッドに横たわったままだったので、覆い被さるように両手を脇に着かれてしまうと、倒錯的な気分になってしまう。

「聞いているよ。聞いているから・・・」
---------ちょっとどけ。
そうシンの手を跳ね除け、出そうとした言葉は、シンの次の言葉に遮られ最後まで言う事は出来なかった。
「じゃあ、いいんですね?」
更に、その手を逆に取られて捕まえられてしまう。
「・・・なにが、だ?」
「もうっ。やっぱり、聞いてないじゃないですかっ」
手を捕らえられた事に幾分、眉を顰めつつも、シンの言うとおり聞いてなかったのは確かなので、アスランは黙ってシンの言葉を待った。

「僕、今日が誕生日なんです」
--------ぼく。
普段は、「俺」言葉なのに。
その言葉に胡散臭いものを感じ。
しかも、そういえば今日は「アスラン」ではなく「アスラン先輩」などと可愛らしく呼んでいる以上、企みごとがある事は明白だ。
「それは、おめでとう」
とにもかくにも他に言うべき言葉もないので、アスランがそう言えば。

「だから、アスラン先輩を下さい」

・・・・・・・・・・・・・・・。
もうこいつはほんとどうかしちゃったのだろう。
MSの乗りすぎだろうか。
操縦には、結構な重力が掛かるものな。
キラには蹴落とされていたようだし。

ストライク・フリーダムが、デスティニー・ガンダムを蹴落としていた場面を思い出し、アスランはそう解釈した。
キラの足癖の悪さはもう並大抵ではない。
自分も何度それに振り回された事か。
MSでも生身でも。
ああ、そうか。
MSの技術の事かも知れないな。
アスランがそう一人、頷き納得し掛けた所に、シンが駄目押しのように、そういう意味でしか取れない意味深な顔で近づいてくる。

「カガリさんには内緒にしといてあげますから」
「・・・・・なんで、俺が、カガリに内緒でお前を抱かなきゃならないわけ?」

もはや、誤魔化し、有耶無耶にする事など出来そうもない。
アスランは開き直って、ズバリと聞き返した。

「違いますよ、俺が抱くんです」
「誰が誰を抱くって?」
「『俺』が『アスラン先輩』を、です!」
「なんでだよっ?!」
「僕が誕生日だからです!!」

段々とエスカレートしてくる舌戦に止めを刺したのはシンの言葉だ。
その言葉にはなんと切り替えしたらよいものか。
一瞬の躊躇が隙を作る。

「んじゃ、いただきま~すっ」
「こら。ちょっと待て」

体勢は不利。
しかも今はまだ、シンに落とされた時の傷が完治していない。
だけど、抱かれるのだけはご免だ。


「だから、待てって!」



果たして、この勝負、どちらが勝ちか?
なんとかシンを押し止めようと、アスランは必死に頭を働かせ始めた。


              to be continued・・・・・・?


----------------------------------------------------------------------
今日、日記、3つも投稿しているよ・・・;(まあ、たまにはいいよね;)
朝一番に、シンの誕生日のことをメールで聞き、その時は、間に合わないみたいな事を返したのですが、やっぱり何かしたくて。
速攻、(1時間くらい?)書き上げました(笑:←おかけでかなり変だがまあ、許して下さい;;)
ちなみに、その時に、一騎も今月だと聞き・・・・・ふ; 10月のアスの誕生日の事しか頭になかったです・・・すまん;; & 教えてくれてありがとうvv
ちなみに、一騎の時もこんな感じな内容かも?
そっちはエロありに決定しましたが(笑)メールで、そんな事を聞いてたりvv(←そういう事を聞くなって;;)
あ。ちなみにコレ、続きません。
続きは好きなように想像して下さい。ではvv
おやすみなさい・‥…・・・★
[PR]
by ak_yuma | 2005-09-01 22:54 | SSあり

アスキラ・総一・スザルル LOVE


by ak_yuma
プロフィールを見る
画像一覧